クリニック案内

未成年者さまへ

「あなたのお悩み、
伝わっていないかもしれません」

親と会話がかみ合わず、
イライラしたことはありませんか?
そもそも、認識がズレている可能性が
あります。

親の力を借りなきゃいけない時もある

「何だってひとりで解決出来たらいいのに」そう思うことってありますよね。

でも、未成年という壁があなたの「やりたい」を阻むことも多いはず。そんな時、あなたならどうしますか?

悩みを母親に相談する学生は、
意外と多い

あなたはニキビの悩みを誰かに話したり、相談したりしていますか?

  1. 話す必要がない
  2. 母親に話す
  3. 友達に話す
  4. 父親に話す
  5. 話したことはないが、専門家に相談したい
  6. 専門家に話す
  7. 話したことはないが、母親に相談したい
  8. 話したことはないが、友達に相談したい
  9. 話したことはないが、父親に相談したい

※2019年ゴリラクリニック調べ

ニキビができたことがある/できている男子中高生を対象にアンケートを取った結果、ニキビの悩みを誰かに話したり相談したことのある中高生は、なんと全体の58.4%にものぼり、中でも「母親に話す」と答えた人が38.9%を占めていました。

このことから、中高生の皆さんにとって「母親」は比較的悩みを打ち明けやすい存在であり、日常的にコミュニケーションがとれていることがわかります。

しかしながら、大人たちは本当に皆さんのお悩みを理解できているでしょうか?

あなたのお悩み、
伝わっていないかもしれません

あなたは、ニキビについて
どの程度
悩んでいますか? (お子さんはニキビについてどの程度悩んでいると思いますか?)

  1. 日常生活に支障が出るほど
    悩んでいる(と思う)
  2. ニキビがあっても気にならない/
    悩んだことがない(と思う)
  3. かなり悩んでいる(と思う)
  4. あまり悩まない(と思う)
  5. 悩んでいる(と思う)

※2019年ゴリラクリニック調べ

「ニキビのお悩みの程度」に対する質問では、中高生は「悩んでいる」と答えた人が41.8%と最も多く、程度を問わずニキビについて悩んでいる人は全体で6割を超える結果となりました。

一方、保護者に対して「お子さんがニキビについてどの程度悩んでいると思うか」について質問したところ、「あまり悩まないと思う」と答えた人が32.3%と最も多く、次いで「ニキビがあっても気にならない/悩んだことがないと思う」と答えた人が29.7%と僅差でした。

この結果から、ニキビについて相談したとしても、その深刻度については皆さんが感じているよりもはるかに”軽く”保護者さまに受け止められてしまっていることがわかります。

きちんと伝われば、協力はあおげる

あなたは、お子さんがニキビのことで
悩んでいたら、
どのような行動を
とりますか?(3つまで選択可)

  1. どのように声をかけていいか
    分からない
  2. ママ友に相談する
  3. 何もしない
  4. 生活習慣の改善に協力する
  5. 市販薬やスキンケア用品を
    勧める/買う
  6. 病院や美容皮膚科(クリニック)
    の受診を勧める
  7. 相談に乗る

※2019年ゴリラクリニック調べ

「自分のお子さんがニキビのことで悩んでいたら、どのような行動を取りますか」という問いについては「相談に乗る」と答えた保護者が50.5%と最も多く、次いで「病院や美容皮膚科(クリニック)の受診を勧める」が39.0%、「市販薬やスキンケア用品を勧める/買う」が同率で39.0%という結果が出たことから、決して皆さんのお悩みに対して、非協力的であったり、無関心というわけではないことがわかります。

保護者の皆さんは「ニキビの悩みを軽視している」わけではなく、皆さんがどの程度悩んでいるのか「伝わっていない=知らない」からこそ、具体的な支援が出来ずにいるのかもしれません。

「今だからこそ受けられる支援」を最大限に受けるには、やはり、皆さんのお悩みを”正しく”理解していただくことが一番です。

もちろん、言いにくさや頼みにくさを感じるのは当然のことです。ゴリラクリニックでは、そんな中高生の皆さんの「言いにくい」を解消するためのお手伝いをします。

あなたのお母さんはどのタイプ?

特徴でわかる効果的なアプローチ図鑑

専門家によるニキビを根本から滅する治療

皆さまは、ニキビの根本の原因は1つだとご存知でしょうか?当院では、専用の機器を使用してニキビの根本の原因である「皮脂腺」をピンポイントで破壊することで、再発させないニキビ治療をご提供しています。

繰り返すニキビ、治らないニキビにお困りの方におすすめです。