クリニック案内

男のニキビ・ニキビ跡治療ならゴリラクリニック | 男性専門美容皮膚科

各治療と効果

解説医師

解説医師

ゴリラクリニック総院長 稲見 文彦

ゴリラクリニック
一般的な療法 保険治療・皮膚科 自由治療・美容皮膚科
市販薬・通販薬 処方薬 レーザー・光治療 ニキビ専用機器
高周波皮脂腺破壊
治療内容 ・アクネ菌の殺菌
・ビタミン摂取
・ニキビ用化粧水..etc
・アクネ菌の殺菌
・漢方療法
・ホルモン療法
・アクネ菌の殺菌
・ターンオーバーの促進
ニキビのある
皮脂腺の破壊
効果 一時的
都度継続の必要あり
一時的
都度継続の必要あり
一時的
都度継続の必要あり
再発しない
副作用 漢方・ホルモン療法の
場合、めまい・むくみ
などあり
多少の赤み・腫れ 2〜3日の
軽い赤み・腫れ
費用/月 約 ¥3,000〜 約 ¥500〜 約 ¥10,000〜 月々¥3,000〜
自由治療・美容皮膚科 一般的な療法 保険治療
皮膚科
ニキビ専用機器
高周波皮脂腺破壊
ゴリラクリニック
レーザー・
光治療
市販薬・
通販薬
処方薬
治療
内容
ニキビのある
皮脂腺の破壊
・アクネ菌の殺菌
・ターンオーバー
の促進
・アクネ菌の殺菌
・ビタミン摂取
・ニキビ用化粧水
...etc
・アクネ菌の殺菌
・漢方療法
・ホルモン療法
効果 再発しない 一時的
都度継続の
必要あり
一時的
都度継続の
必要あり
一時的
都度継続の
必要あり
副作用 2〜3日の
軽い赤み・腫れ
多少の赤み・腫れ 漢方・ホルモン療
法の場合、めまい
・むくみなどあり
費用
/月
月々
¥3,000〜
約 ¥10,000〜 約 ¥3,000〜 約 ¥500〜

※横にスワイプしてください。

市販薬

ニキビができた時、まず市販薬を試す方が多いのではないでしょうか。薬局で手軽に手に入るニキビ治療薬には、主にイオウやレゾルシンと呼ばれる成分が入っています。これらは角栓を柔らかくし面ぽうをできにくくする効果がありますが、イオウ製剤はつけすぎると乾燥する傾向があります。炎症を抑え抗菌作用がある市販薬もありますが、処方薬に比べると効果が弱いのが難点です。市販薬は白ニキビや黒ニキビには一定の効果がありますが、赤ニキビや黄ニキビには力不足と言えるでしょう。
また、ビタミン剤を摂取するのも補助療法として効果的です。ビタミンB群は皮脂の分泌を抑える作用があると言われています。ビタミンCはニキビ跡の赤味を改善する効果があります。ビタミン剤だけでニキビを治すことは難しいですが、積極的に採ることをお勧めします。もちろん、日頃の肌のケアを欠かさないこと、規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心がけること、ストレスをため込まないことも重要です。

処方薬・皮膚科

昔は「ニキビは青春のシンボル」と言われ、そのうち治ると言われてきました。現在では「ニキビは皮膚の病気」とみなされ、積極的に病院で治すものと認識されています。
しかし、つい最近まで病院でのニキビ治療といえば抗生剤の内服や面ぽう圧出のみで「病院に通っているうちは良いが、すぐに再発する」のが特徴でした。近年ではアダパレン(ディフェリン®)やクリンダマイシン(ダラシン®)、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル®)、クリンダマイシン+過酸化ベンゾイル(デュアック配合ゲル®)が登場し、ニキビ治療が劇的に改善されました。
とはいえ厄介なのがニキビ。様々な治療薬を試しても改善しないような、難治性のニキビに悩んでおられる方は少なくありません。ニキビの要因が非常に多岐にわたるため、すべての人に効くような万能薬はまだないのです。

昔は「ニキビは青春のシンボル」と言われ、そのうち治ると言われてきました。現在では「ニキビは皮膚の病気」とみなされ、積極的に病院で治すものと認識されています。
しかし、つい最近まで病院でのニキビ治療といえば抗生剤の内服や面ぽう圧出のみで「病院に通っているうちは良いが、すぐに再発する」のが特徴でした。近年ではアダパレン(ディフェリン®)やクリンダマイシン(ダラシン®)、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル®)、クリンダマイシン+過酸化ベンゾイル(デュアック配合ゲル®)が登場し、ニキビ治療が劇的に改善されました。
とはいえ厄介なのがニキビ。様々な治療薬を試しても改善しないような、難治性のニキビに悩んでおられる方は少なくありません。ニキビの要因が非常に多岐にわたるため、すべての人に効くような万能薬はまだないのです。一般の皮膚科は保険証が使えるので費用が少なくて済むのが長所ですが、効果はテキメンでも国の認可が下りていない最新の治療機器などは使えないなどの欠点があります。
前述の最新のニキビ治療薬、以前より使われているケミカルピーリング、即効性はないがじっくりと体質を改善していく漢方薬など、ニキビ治療は非常にたくさんの種類があります。病院で医師に相談し、ベストな方法を考えていくのがよいでしょう。

一般の皮膚科は保険証が使えるので費用が少なくて済むのが長所ですが、効果はテキメンでも国の認可が下りていない最新の治療機器などは使えないなどの欠点があります。
前述の最新のニキビ治療薬、以前より使われているケミカルピーリング、即効性はないがじっくりと体質を改善していく漢方薬など、ニキビ治療は非常にたくさんの種類があります。病院で医師に相談し、ベストな方法を考えていくのがよいでしょう。

レーザー・光治療

ニキビに対する治療は市販薬や皮膚科での処方薬など多岐にわたりますが、その他にも新しい治療法が登場しています。その中のひとつでレーザーを使ったニキビ治療です。特殊な外用薬を皮膚に塗ったあと、レーザーや光を照射することで活性酸素が生じ、ニキビ菌を殺菌するという治療法です。ニキビの発生を長期的に抑えることは可能ですが、ニキビが完全に再発しないとは言えません。
また、照射中には不快感やヒリヒリ感があり、照射後には赤みやむくみなどが生じる傾向があります。保険がつかえないため比較的高額で、レーザー治療を行っている病院が多くないのも欠点と言えます。

ゴリラクリニックのニキビ治療

当院のニキビ治療であるニキビ専用高周波皮脂腺破壊機器は、ニキビの根本の原因である皮脂腺を破壊してしまうことで、アクネ菌の増殖を抑えニキビをできなくする治療法です。アクネ菌が皮脂を餌に増殖する習性から、皮脂を分泌する皮脂腺を破壊することで、アクネ菌の餌をなくしニキビを消失させます。なので、理論上一度皮脂腺を破壊した毛穴からニキビができることはありません。

  • 減
  • 快

一番大事なのは?

多くのニキビ治療は、個人差はあるものの再発の可能性があります。どの治療も日頃のスキンケアや食生活・睡眠・生活習慣を見直して行くことが重要です。なぜならニキビには周期があり、発生してからしか治療のしようがないからです。なので、まずは日頃のスキンケアをしっかり行い、ニキビを作らせない肌を目指しましょう。
また、ニキビを一発で全てを治すのは当院の治療でも不可能です。ニキビは顔にある決まった数%の皮脂腺(ニキビの根本の原因)から発生しますが、先ほど述べた通りニキビの発生には周期があるので、どこの毛穴が異常皮脂腺なのか、ニキビができてからでないと判別が難しいのです。なので、根気よく治療して行く忍耐力も大切になります。

ドクターが教えるニキビの基礎知識

クリニック案内

  • ゴリラクリニック 銀座院

    ゴリラクリニック 銀座院

    中央区銀座1丁目14-4 プレリー銀座ビル 8F

    【アクセスマップを見る】

    東京メトロ「銀座一丁目駅」から徒歩4分

    東京メトロ「東銀座駅」から徒歩8分

    フリーダイヤル:

    0120-987-118

    年中無休 | 診療時間 11:00~20:00 | 初診:24時間365日電話受付

    ※取材に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

    銀座院の詳細はこちら

  • ゴリラクリニック 渋谷院

    ゴリラクリニック 渋谷院

    渋谷区渋谷1-15-8宮益O.Nビル 2F

    【アクセスマップを見る】

    東京メトロ地下鉄 11番出口から徒歩3分

     

    フリーダイヤル:

    0120-987-118

    年中無休 | 診療時間 11:00~20:00 | 初診:24時間365日電話受付

    ※取材に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

    渋谷院の詳細はこちら

  • ゴリラクリニック 名古屋駅前院

    ゴリラクリニック 名古屋駅前院

    愛知県名古屋市中村区名駅3丁目25-3 大橋ビル2F

    【アクセスマップを見る】

    JR名古屋駅より徒歩6分
    名鉄名古屋駅より徒歩6分
    地下鉄桜通り線国際センター駅より徒歩5分

     

    フリーダイヤル:

    0120-987-118

    年中無休 | 診療時間 11:00~20:00 | 初診:24時間365日電話受付

    ※取材に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

    名古屋駅前院の詳細はこちら

  • ゴリラクリニック 心斎橋院

    ゴリラクリニック 大阪心斎橋院

    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-2-7御堂筋ジュンアシダビル 4F

    【アクセスマップを見る】

    心斎橋駅から徒歩7分

     

    フリーダイヤル:

    0120-987-118

    年中無休 | 診療時間 11:00~20:00 | 初診:24時間365日電話受付

    ※取材に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

    大阪心斎橋院の詳細はこちら

→
←

FaceboolFacebook

InstagramInstagram