クリニック案内

口周り

解説医師ゴリラクリニック総院長稲見 文彦

口周りニキビの要因

口回りの皮膚は顔の他の部位に比べると皮膚が薄いため、乾燥しやすい部分です。皮膚は乾燥すると自ら皮脂の分泌を盛んにして保湿しようとします。

また口回りの皮膚はターンオーバーが乱れやすく、角質が厚くなりやすいため皮脂が溜まりやすい傾向にあります。
その結果、ニキビができやすい環境ができあがってしまいます。

また髭剃りなどでニキビを潰してしまうと、さらに悪化する可能性があります。

このように要因は様々ありますが、ニキビができる根本の原因は1つです。

ニキビの根本の原因を知る»

口周りニキビのケア方法

最も重要なのは保湿です。適切な保湿を行って角質層のケアを行うことで、ニキビの発生や悪化を防ぐことが可能です。

化粧水や乳液、クリームなどを使うのが一般的ですが刺激が少ないものを選びましょう。

ニキビができてしまった場合も、病院を受診し速やかに治してしまいましょう。
日々の髭剃りで悪化させないためにも、早期治療は必要です。

それでも治らないニキビに

  • 再発させないニキビ治療 ゴリラニキビ“滅”はコチラ
  • 破壊と再生でニキビ跡を修復する治療法 ゴリラニキビ“快”はコチラ

部位ごとの要因とケア - 顔

  1. 額(おでこ)

  2. こめかみ

  3. 口周り

  4. 顎ライン

部位ごとの要因とケア - 身体

  1. 背中