クリニック案内

部位ごとの要因とケア

解説医師ゴリラクリニック総院長稲見 文彦

はじめに - 男ニキビの特徴

男性ホルモンがニキビの発症に関与していることは確実。
しかし重要なのはホルモン量ではなく皮脂腺の男性ホルモン感受性と言われています。そのため女性でもニキビが発症します(女性でも男性ホルモンを持っているため)。

男性は女性と異なり化粧をしない傾向にあるので、化粧によるニキビ悪化のリスクは低いと言えます。一方でスキンケアに対する知識が女性に比べて乏しい傾向にあり、また洗顔方法や日焼け対策もおろそかにしがち。結果としてニキビ悪化に繋がることがあります。
また、髭剃りをするのが男性の特徴。シェービングによりニキビを潰してしまい、一層ニキビが悪化する原因となります。

その他、ストレスや睡眠不足、食事など様々な原因によりニキビが悪化すると言われていますが、インターネットやSNSを中心に誤った情報も氾濫しています。
正しい情報を選択することが、ニキビ治療の第一歩と言っても過言ではないでしょう。

  • 思春期ニキビとは

    ニキビは主に思春期に発症します。男子では13-14歳ころ発症することが多いようです。

    ニキビの最大の原因、皮脂腺の働きは男性ホルモンと密接に関係があります。精巣で生み出されたされた男性ホルモンは皮脂腺でジヒデロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変わります。このDHTが皮脂の分泌を増やしてしまうのです。思春期は成長期のため、特にこのようなホルモンの働きが活発です。

    では皮脂が増えるとどうしてニキビができるのでしょうか。
    毛穴に皮脂や角質(垢のようなもの)が溜まると「コメド」が作られます。コメドが作られるとアクネ菌が繁殖しやすくなります。このアクネ菌が炎症を起こし、赤く腫れて痛みを伴い膿が出る…これがニキビです。
    このようなメカニズムでニキビができるのです。

  • 大人ニキビとは

    大人ニキビは思春期ニキビと異なる点が多数あります。
    まず要因が多岐にわたります。ストレスや睡眠不足などにより生じるストレスホルモン(副腎皮質刺激ホルモン)が大人ニキビの発生に関与しています。

    また食事の影響もあると考えられており、低GI食によりニキビが改善するという説があります。
    逆に高GI食ばかり食べていると大人ニキビができてしまうのです。

    髭剃りでニキビを傷つけてしまうと、さらなる炎症を呼び起こしてしまいニキビが悪化するとも考えられています。

    ニキビができる場所も大人と思春期では異なります。額や頬にニキビができるのが思春期の特徴ですが、口元や顎、首、フェイスラインなどにニキビができるのが大人の特徴です。

    これほど大人ニキビと思春期ニキビは異なるのに、若いころに行っていたニキビケアを続けていても…よくなるはずがありませんね。大人ニキビに対する正しいケアができていないのが、最大の問題ともいえます。

    ※GI…糖質の吸収度合い

それでも治らないニキビに

  • 再発させないニキビ治療 ゴリラニキビ“滅”はコチラ
  • 破壊と再生でニキビ跡を修復する治療法 ゴリラニキビ“快”はコチラ

部位ごとの要因とケア - 顔

  1. 額(おでこ)

  2. こめかみ

  3. 口周り

  4. 顎ライン

部位ごとの要因とケア - 身体

  1. 背中

ニキビの原因

根本の原因は一部の皮脂腺のみ

ニキビの要因を知ることは大事です。
しかし、ニキビができる要因が何であれ根本の原因は1つです。

根本の原因を知る